2019年 梅毒激増中!梅毒とは?感染経路は多種多様!?信頼で性感染症は防げません。

2020年1月13日

こんばんは、妖子です。

自宅で気軽に梅毒検査!(STDチェッカーサイトへ)

日本で梅毒が再流行し始めたのが、2013年頃。

ペニシリン登場後にも、再流行した事実は何度かありますが、今回の再流行具合は例を見ません

6年もの長い間、増加し続けている例が、過去に一度もないのです。そして、今もなお、止まるところを知りません。

梅毒変遷

百聞は一見に如かずのグラフがこちらです。

じわじわと、でも確実に増えていることが、おわかり頂けるでしょう。

今日はそんな梅毒についてちょろっと話します。

合わせて動画もどうぞ!



☆☆本日の目次☆☆

  1. 梅毒って何
  2. 日本の梅毒の歴史
  3. 早期発見で完全治療を!
  4. とにかく検査!

梅毒って何

梅毒は性感染症のひとつです。感染力は30~40%と高く、キスや皮膚の小さな傷からも感染するというのが梅毒の特徴です。

現代でも発見が遅ければ、死に至るケースがある非常に厄介な病気です。

第一期→第二期→潜伏梅毒→第三期と進行し、感染から第三期まで、数年から十数年をかけてじわじわと体を蝕(むしば)んでいきます。第三期において神経や心臓に欠陥が表れてしまうと、日常生活に支障を来たし、場合によっては死に至ります。

これは、いわゆる末期梅毒の中でも、本当に重い症状です。

梅毒段階別データ

上のデータ(厚生労働省)から、第三期梅毒の患者数はとても少ないことがわかりますが、それでも一人でもいれば無視できません。第三期まで進行してしまうと、症状の重さに関わらず治療が本当に大変です。

梅毒の症状といえば、第二期で体に出来る「バラ疹」という発疹が有名かもしれません。痛みや痒みがないのが特徴です。そこで気づく方も多いと聞きますが、アトピーと間違えてしまったり、人によって程度があったりしますので注意が必要です。

バラ疹

バラ診

一言に梅毒と言っても、個人差があります。

日本の梅毒の歴史

梅毒は、一時期ものすごく減少しました。このまま絶滅するのではないか!とまで言われていたのです。

しかし。

それが今になってまた増えてきていて、2017年の梅毒患者数5,820人という数字は、1973年以来、実に44年ぶりの5,000人台というではありませんか。

梅毒はものすごく長い歴史を持った病です。

日本国内ではじめて梅毒が記録されたのが、1512年の戦国時代!!「再昌草(さいしょうそう)」という古典文学の中に登場します。

以降、特効薬がないまま時は流れ、江戸時代、大正時代と日本に限らず、世界中が梅毒によって苦しめられます。

その有毒性も解明されていなかった時代には、なんと水銀が梅毒の治療に使われていたこともあります(ご存知水銀は人間にとって有毒です)!!

そんな中、1942年。

あの救世主が登場します。

そう、ペニシリンです。

今までの惨状が嘘のように、みるみる患者数が減少していきます。

でも、これ、今からたった80年前

100年経たずに、また悪夢を経験しようとしているのが今の日本です。今回は「薬があるにも関わらずに」です。

早期発見で完全治療を!

繰り返しますが、梅毒は治ります。

恐いのは、我関せずで放置すること、です。

特に風俗愛好家の皆さま、万全でいらっしゃいますか?

性感染症は粘膜と粘膜の接触でうつります(粘膜=口の中、まぶた、膣、ペニス、肛門)。

つまり、キスでもうつることがあるということ。

そして、検査を徹底している店でも、たった一人のモラルのない利用者によって梅毒が持ち込まれてしまったら、パンデミックが起こります

粘膜と粘膜の接触は絶対に避けましょう。

そして、女性陣。流されてませんか?

冷たい言い方ですが、どんなに信頼していても、愛があっても、性病になることとは無関係です。

人間ドッグのような感覚で、性病検査を受けてください。何も考えずに、もう、義務です。

そして、車に乗ったらシートベルト、インフルエンザになったらマスク、セックスにはコンドームです。

とにかく検査!

検査に関してはこちらにまとめております。

ブログカード

是非参考にして、ご自身と相手の健康を守ってください。

また、オススメの梅毒検査キットも張り付けておきます。郵送検査は匿名で、手軽なのでオススメです。下記のパッケージ写真をクリックすると、郵送検査メーカー(STDチェッカー)のサイトへジャンプします。




いつかこの国で性病検査を受けていることがモテ要素になることを祈っています。

↓合わせてこちらの記事もどうぞ↓
ブログカード

ブログカード