性病検査はどこで受けられるの?どこで受けるべきなの?方法や値段を徹底解説!

2019年8月9日

 

こんばんは、妖子です。

本日はyoutube動画の復習用記事として作成しました。

簡潔さを重視しておりますが、記事だけでも十分理解頂けるように整理しました。

参考になれば幸いです!

元ネタはこちらです!

では元気に行きましょう!

☆☆本日のメニュー☆☆

    1. 受けるべき検査項目
    2. 性病検査を受けられる場所
    3. 検査方法の決め方
    4. 検査のタイミング
    5. プライバシーが気になる人へ
    6. 郵送検査のメーカー紹介

受けるべき検査項目

国公立入試も、性病検査も、5教科7科目です!!

①HIV
②梅毒
③B型肝炎
④⑤クラミジア 性器/喉
⑥⑦淋菌 性器/喉

*性感染症そのものは、なんと20種類近く存在します!その中で上の項目が推奨されるのは、

感染力の高さ
流行の度合
自覚症状の有無

などから厳選されているものと推測されます。あくまで推測ですよ、推測。

*ドクターや医療機関によって、5教科7科目そのものにもズレがあります。ひとつの参考にしてください。

性病検査を受けられる場所

wherecanwecheck
※症状が出ている場合は、保険適応になります。
※2「クリニック」という名前がついている「病院」もありややこしい。事前確認は必須です。

郵送検査の「郵」が・・・・見なかったことにしてください・・・・。

病院・クリニックの場合は、陽性診断が出た場合、即座に治療に入れるのがメリットです。

検査をしてもし陽性(感染)の結果が出たら・・・・即治療!!

治療費は下記のとおり。

保健所・・・紹介してもらった病院で保険適応

病院・・・保険適応

クリニック・・・自費

郵送検査・・・提携病院があるところもあります。紹介してもらった病院で保険適応で治療。

*病院とクリニックが提携しており、クリニックで陽性が見つかった場合は、病院で保険適応で治療できるところもあります

 

性器から膿(うみ)が・・・・・。

メチャクチャ痒い!!!

あれっ、なんかブツブツが・・・・。

性器に自覚症状がある場合は、こんな表を見ている場合ではありません。

病院へGO!!!!(保険適応になりますよ!

 

検査方法の決め方

whereshouldSTDcheck
*病院によって扱っている項目にだいぶ差があります。事前に問い合わせましょう !

 

私が前回検査を行った時はこんな感じでした。

  • HIV/梅毒→保健所
  • クラミジア→産婦人科
  • クラミジア喉・淋菌喉→郵送検査

それはもぉ面倒でしたよぉぉぉぉ!!!!

とはいえ、産婦人科は、「月経痛がひどい」ため、低用量ピルを処方してもらうタイミングだったので、保険適応でした。お財布のダメージは最大限おさえられたので、良し!

検査のタイミング

whenshouldtakeSTDcheck
機関や検査方法によって多少のばらつきがあります。

こちらも表にまとめました。動画内の資料と同じです。

感染症にはすべて潜伏期間と呼ばれる時期があります。感染はしているけれども、感染の有無を正しく判断できない時期のことです。しかし、厄介なのは、潜伏期間でも感染力は持っているということ。

イヤんなっちゃうわ!!!

はぁーー、本当にどこまでも厄介ですね。

プライバシーが気になる人へ

Q、誰にも知られたくない、見られたくない!

A、そんな人には郵送検査がオススメです。

キットの発送先は、近くのコンビニや宅急便の営業所を指定することができ荷物の中味は絶対に見えないようになっていますので、素知らぬフリをして購入できます。

結果もネットで確認すればクリア!

Q、保険証に使用履歴が残るのは困る!でも、急いでいる!

A, 検査から治療、薬まで全額自己負担専門クリニック。保険証不要。匿名で受け付けてくれるところも多くあります。

Q, 浮気なので、パートナーに知られるとまずいです・・・・

A、死刑!!

とはいえ起こって(起こして)しまったことは仕方がありません。健康第一です。検査に行って、治療してください。

 

郵送検査のメーカー紹介

画像をクリックするとウェブサイトへ飛ぶことができます!過去にやってみた動画で使用したメーカーさん。ご自身のお気に入りを見つけてください。

☆さくら検査研究所☆
提携病院あり。種類が豊富で、ブライダルチェックのメニューもあります。

STD CHECKER (STD研究所)☆
匿名・提携病院あり。専門員がいるので性病の悩みを相談できます。


☆GME医学検査研究所☆
匿名・提携病院あり。ここの魅力は「ローコストパッケージ」。失敗の心配がなくなったリピーターさんにオススメ。

 

↓合わせてこちらの記事もどうぞ↓
ブログカード
ブログカード
ブログカード