2019年水曜どうでしょう祭 ライブビューイングで新作見てきた。<ネタバレなし!>

こんばんは、妖子です。

日本に生まれて良かったぁと思う数少ない瞬間は、水どうを見てケラケラ笑っている時

普段は「平和ボケの日本」などと言って野次を飛ばしている妖子ですが、この時ばかりは平和ボケの恩恵を全身で受けています。

ネタバレはもちろんありません!!

はぁ~・・・やっぱり好きだぁぁぁ!」という思いを発散させるためだけに書きます!

1)2年間以上、音沙汰なかった理由

それは、おそらく、全話見ればわかるはず!

最初の1話&2話をOPもEDもない状態で、垂れ流しにされた全国7万人のファンはもう、茫然、唖然、騒然のループ。

でも、そこには、終始絶えることのない笑いがありました。

やっぱりさ、当たり前だけどさ、すんげぇくだらないんだよ。

そいでさ、出演陣も年取っちゃって、ミスターなんて孫の話を聞くおじいちゃんみたいになっちゃってる笑。

でも、それが良い。すごく良い。

50歳を過ぎて(大泉さん以外)下降していく姿を、惜しみなくさらけ出す姿に味があるし、こういうおっさんになりたい!って思わせる。

いつまでも青春していたい!

カブの後ろにドリーム感で溢れた何かを積んでいたい!

ロケに出た!と噂されてからアッという間の2年。

その間にも着実に年を取り、思うことがたくさんあったであろう出演陣。

アフリカよりつまらなくても、受け入れます。(とはいえ、妖子はアフリカ有り派です。)

2)ファンの年齢層に目頭が熱くなる

さすがに、ファンの年齢層が高い。

あの会場にいらっしゃった大多数の方から見たら、妖子なんぞ青臭いお子ちゃまでしょう。

でも、そんなお子ちゃまは、

20年以上どうでしょうを愛し続けて、6年間祭りを待ち続け、2年間新作を熱望していた中年のおじさん達の笑顔を見て、グッと来るものがありました。

カブに乗る背中をカメラが追うように、我々のような若い層がこうした人生の先輩方の背中を見て、どうでしょうソウルを受け継いでいくんだろうな、と思うと胸熱なのであります。

殺伐(さつばつ)とした世の中だからこそ、お互いボヤきながらも、こうした企画に取り組んでくれる4名様には、感謝しかありません。

今夜はお気に入りを見て寝よう

今日はお気に入りの旅回を見ながら、寝落ちしたい。そんな気分です。

【新品】 HTB 【 水曜どうでしょう DVD 第15弾 】 アメリカ合衆国横断 【あす楽】

価格:5,680円
(2019/10/6 23:19時点)

↑妖子のお気に入りのひとつ、アメリカ横断。ちゃららららら~(マジシャンの音楽)♪

ライブビューイングは、新作を視聴しただけでなく、ライブ会場の雰囲気も画面越しではありますが、感じることができました。

今日くらい重いことは忘れて、「平和だなぁ~・・・」とボケーっとして、心穏やかに過ごしたい。

明日からは月曜日。

また頑張ろう。