「がん外科医の本音」もっと早くに知っていれば!絶対にタメになる本<書籍レビュー>

こんばんは、妖子です。

子宮頸がんつながりで手に取ったこちらのタイトル。

非常に良書でしたので、シェアいたします。

知らないと損するだけでなく、健康に害をもたらしてしまうのが健康の知識。

そして以外と知らない「がん」。

本書でシンプルに学び直すのはいかがでしょうか?

それではいきましょう!

☆基本情報☆
楽天koboで読む
タイトル:がん外科医の本音 患者の前で言わない本当のこと
ジャンル:健康(がん)
見どころ:シンプルでわかりやすい
刊行年:2019年6月

☆☆本日の目次☆☆

  1. がんってそもそも何なのか?
  2. そのがん検診は必要なのか?
  3. がん外科医ならではの価値観

がんってそもそも何なのか?

言われてみれば、何なんだ?

ざっくり「病気」としか答えられない。

答えられる一般人はそんなに多くないのでは?と無理やり仲間探しをする妖子であります。

『「がん」とは、遺伝子に傷がつき、遺伝子レベルの異常が引き起こす病気である』というのが正解です。

「遺伝子に傷がつく」というのは、厳密にどういうことなのか、非常にわかりやすく説明した上で、『「がん」になるのは人間の宿命』と書いています。

ステージが進行してしまった「がん」は辛いし、検診でも発見しきれない厄介ながん細胞があることを考えると、「じゃぁ、仕方ないね」と開き直るのは忍ばれます。

しかし、「宿命」と言われて、否定しきれないのが「がん」なのだなぁと納得。私達は「がん」とこれからもうまく付き合っていくしかないのです。

そのがん検診は必要なのか?

「がん」にはならない方が絶対良い。

予防出来るものは予防すべきだし、早期治療のための検診は絶対。

それが「がん」と上手く付き合うベストな方法ではないでしょうか?

しかし、世の中にはいろいろながん検診がありますが、有効とは言えない検診が存在することは初めて知りました。

生きている間に、なり得なかった「がん」にまで反応してしまい、不要な治療が施されることがあるなんて、どれだけの人が知っているというのでしょう。

本の帯にもある通り、「もっと早く知りたかった!!」

米国の乳がん検診事情にはカルチャーショックさえ受けます。

一方で、検診を受けることにより、高い確率で早期治療出来るのが子宮頸がん。日本は予防の観点で非常に遅れを取っており、世界から「どうなってるんだ?」と疑問視されています。

HPVワクチン接種率
ネットから拾って来ましたが、可視化するとやばい。掲載元→https://japan-indepth.jp/?p=48498

このご時世、情報を手に入れるのは難しくありません。

難しいのは、「この情報は正しいのか、誤りなのかを判断すること」です。

医学においては、「科学的根拠」がすべて。医師や専門家でも正しいことを言っているとは限りません。一人一人が審美眼を得る努力をしないといけませんね。

がん外科医ならではの価値観

「がん」になった患者が亡くなり、悲しみにくれる家族を目の当たりにする日々。

辛いに決まっています。

そんな光景を数えきれないくらい見てきた著者は、「がん」を「雨が降るようなものだ」と語ります。

非常に素敵な例えなんです。

また、「がん」が判明してからこの世を去るまでは、ある程度の時間があることが大半です。

お互いのコミュニケーションの機会として、その時間を尊ぶことが出来るのは、「がん」特有だとも話します。

詳しくは本書にて、是非ご一読ください。心に響くものがきっとあります。

他にも子宮頸がんワクチン、アンジェリーナ・ジョリーの乳房切除、医学界の重鎮の意見の偏りなど、興味深いトピックで埋め尽くされた本書は、まさに「がん外科医の本音」。中には話したくないこともあったに違いありません(本文に何度かそのような旨の記載あり)。

有り難く拝読することに致しましょう。

余談ですが、個人的に普段からtwitterで非常にお世話になっている(勝手にフォローしている私はただの有象無象のフォロワー)峰宗太郎さんが監修されていたのは嬉しかった。

hontoで読む

↓合わせてこちらの記事もどうぞ↓
ブログカード

ブログカード

★★

タイトル:
ジャンル:
見どころ:
ネタバレ:
刊行年: