障がい者の知られざる性の実態「セックスボランティア」<書籍レビュー>

2019年9月20日

こんばんは。妖子です。

私の性に関する価値観を劇的に変えた一冊です。

10年前に読んだ感想と、10年後に読んだ今の私の感想をシェアしていきます。

 

☆基本情報☆
楽天koboで読む
<<タイトル>>セックスボランティア
<<ジャンル>>社会派ルポ
<<作者>>河合香織
<<出版社>>新潮文庫
<<完結年>>2006年
<<見どころ>>五体満足の人間が知るべき過酷な現実

10年前の感想

知られざるシリアスな社会問題の一部を文書化したタイトル。

この本に出会うことがなかったら、こんな現実知ることもなかった。

だからといって、私に出来ることは何もない。

五体満足に生まれてきたことに感謝することだけ。

無力すぎて、過酷すぎて。

 

障害者(この言葉は好きではないが)の性問題を切り口に

障害者を含むすべての人間に共通する テーマを顕示していると思う。

全身動けなくなった障害者でも、

性器だけが健常者以上に機能する真実に

思いを巡らせたことはなかった。

それがどれだけ自然で、残酷なことか。

全身が動かない。すなわち自慰行為ができない。

障害者同士、もしくは障害者と健常者の結婚と性生活、

障害者専門風俗店・出張ホスト、

性行為実践セラピー

見たことも聞いたこともない世界にただただ驚愕。

日本はそれじゃなくても、性への問題には閉鎖的。

皆が皆他人事。 性病だって、セックスだって、避けて通れないのに

自分のこととして捉えられない。それどころか、悪しきものとして排除する。

どう変わっていくべきなのか、

この本でベクトルの向きさえ揺らいでしまった。

デリケートかつ、深刻な問題。

10の読者がいたら、10の受け止め方がある。

各々で読んで、熟考すべきだと思います。

【中古】 セックスボランティア /河合香織(著者) 【中古】afb

価格:198円
(2019/4/10 22:11時点)

 

10年後の私の反応

 

今よりしっかしているのではないでしょうか?笑

 

10年前は、まさか妖怪になって、twitterで性の発信を始めるなんて思ってもみなかったけれど、やはり当時から表に出てこない性の問題には敏感だったようです。

 

この本の内容は10年経ってもよく覚えています。

 

ひたすら衝撃だった。

 

五体満足の我々が、いかに無防備で、無知で、贅沢な環境に置かれているか。

 

相手がいなけりゃ、おもちゃで好きなだけ自慰行為する。お金出せば、風俗行ける。好きな時に、好きな人とセックスできる。

 

それだけ恵まれた環境の上で、性病だ、妊娠だとぎゃーぎゃー騒ぐ。

 

自分達で取捨選択できるシチュエーションが圧倒的に多いはずなのに(コンドームするとか、検査行くとか)。

 

自分の中に存在する性の問題は、氷山の一角なんだな、と思わせてくれた一冊。

 

そして、当時よりも知識は増えているはずだが、まだまだ精進しようと思わせてくれた10年前の私に感謝。

 

【中古】 セックスボランティア /河合香織(著者) 【中古】afb

価格:198円
(2019/4/10 22:11時点)

↓合わせてこちらの記事もどうぞ↓
ブログカード

ブログカード