「ユーチューバーが消滅する未来 /岡田 斗司夫 」世界はどうなる?3次元彼女=インスタ映えパフェ?!<書籍レビュー>

こんばんは、妖子です。

単純におもしろい本に出逢うと興奮しますね。

岡田氏はエヴァンゲリオンでもおなじみ、ガイナックスの創業社長でもあり、社会評論家。

急激に変化する現代を子供のように楽しむ、そんな彼の未来予想図なので、当たる/外れる可能性があることを考えると、限りなくノンフィクションに近いフィクションです。

いや、フィクションに近いノンフィクションかな?

なんせ、実現性が非常に高い妄想が、これでもか!と入っていますから。

ご心配には及びません(?)、「性」にまつわる話も用意されております。

「AI社会」というけれど、その定義は漠然としています。人間の仕事がなくなる?

いやいや、話はもっと壮大です

「人間」を軸に現実味を持たせた「リアルな未来」。

それでは、いきましょう!

☆基本情報☆
楽天koboで読む
タイトル:ユーチューバ―が消滅する未来 2028年の世界を見抜く
ジャンル:2028年の未来予想図
見どころ:人間の心理と時代の変遷が合理的に語られます!
ブログ内でのネタバレ:なし
刊行年:2018年11月

☆☆本日の目次☆☆

  1. 平等な環境で、格差が開くばかりの現代
  2. バーチャル恋愛VSインスタ映え
  3. 変えられないなら作ってしまえ
  4. 戦国時代を楽しめ

平等な環境で、格差が開くばかりの現代

 

将来の夢はYouTuber!!!!!(^_-)-☆

 

3年前、誰がこんな現実を想像できたでしょうか?

メディアは、あっという間に、一般人に開かれました。

今やスマホ一台あれば、誰もが情報を発信出来る時代。

そんな世の中で、「有名な企業に就職して、鼻を高くしている」輩から淘汰されていくのは間違いありません。

ブランドや社会的地位が、自分を守ってくれる時代はとっくに終わった。

これからは、サバイバルゲームを楽しめて、変化の速度を目で追える人間が生き残っていきます。

優秀か、優秀じゃないかは、問題ではなく、目には見えないサバイバルゲームに強制参加させられている事実を、己のアンテナがキャッチ出来るかどうか。

明暗は、まず、ここで別れるでしょう。

人口減少に伴い、10年後の日本は立派な「非先進国」になっているかもしれない。そして、いくつかの都道府県が消滅しているのは目に見えている。

格差は確実に開きます。でも、チャンスは平等に与えられているのも現代の特徴です

 

と、偉そうに、自分の言葉のように、語っていますが、時代の変遷にアンテナを張ってはいても、何をすれば良いかわからない。そんな凡人代表・妖子です!

もう暗中模索。体が許す限り、当たって砕けるしかない。そうした所存で毎日生きています。

 

バーチャル恋愛VSインスタ映え

 

バーチャルの女の子に興奮する男子と、インスタ映えを狙ったパフェをSNS投稿する女子の精神構造は、リアルから逃げているという意味では同じです。

 

なんということでしょう!!!!!!!!

 

鈍器で殴られたような衝撃。

でもおっしゃってることは・・・正しいです。

リアルな女性には興奮出来ないから、バーチャルで楽しむ。

地味で、平凡で、パッとしないリアルに嫌気がさしているから、SNSは装飾する。

二つに違いがあるとすれば、「イイネ」がもらえるかどうか。つまり、共感されるかどうか!

こうなると、イイネいっぱいもらえる♡=現実から逃げたい輩がいっぱいいる、という現実が浮き彫りになって、インスタ映えの方が残酷かも!

ヲタクでなくても、バーチャルへの逃亡を、体感してしまっているという驚愕の事実。

もう、私達は、認めるしかない。リアルから逃げている自分達に

こうなると、わかりやすい現実逃避だけ(バーチャル恋愛など)を否定することは、私達の価値観やってくる未来を、全面的に否定することになるわけで、自分達の首を絞めまくる結果に。

だって、これからますます見たくないリアルがやってくるのに、逃げ場の選択肢をなくしている!!

初音ミクをバカにする奴は、初音ミクに泣くぞ!

このままではいけない。

 

私はヲタク全面支援します。

 

ですので、いますぐ、ラブドール女性用の開発をしてください!!( ;∀;)タスケテェ

それにして、インスタ映え文化の闇は深い・・・・。

 

変えられないなら作ってしまえ

 

作れるもんなら作ってるわ!!

 

と凡人代表は遠吠えをするしかない悲しい現実。

世界の大富豪は、自分で国を作って、難民を受け入れる構想を持っています。

アメリカのジョージア州では、税金の使い方に腹を立てた住民たちが、実際に独立しました。

実際、同じことをしろ、と言われても、私にはそんな財力も気概もない。皆無です。

でも、個人レベル、家族レベルで作ることなら可能かもしれません。

ぽつんと一軒家」という番組をご存知でしょうか?「イッてQ」「青空レストラン」と並んで、妖子のお気に入りの番組です(ただの宮川ファン)。

郵便物も届かないような山奥に、一人(ひと家族)で住んでいる人達を特集する番組ですが、あれこそ、まさに「変えられないなら作れ」の典型ではないでしょうか?

そして、その番組が高視聴率をキープしているという、これまた恐ろしい事実。

皆、知ってるんです。「変えられないなら、つくるべきだ」って。

だから、見るんです。親指加えながら

戦国時代を楽しめ

人と人とが切りつけ合い、命をかけて戦った戦国時代。

私たちもまさに、価値観と価値観をぶつけ合いながら、AIに戦いを挑んでいる真っ只中。

でも、一つだけ戦国時代とは、徹底的に違う点があります。

それは、命を懸ける必要はないということ

どんなに貧しくても、日本にいる限り死ぬことはありません。

だったら、もう選択肢は、ただ一つ。

楽しむしかないだろうが!!!!!

アイディアと、度胸と、視野の広さ次第で、すべての人類にチャンスが与えられている。

そう考えれば、素敵に思えてきます。

がむしゃらに行動していれば、いつのまにか一つの国が出来ているかもしれません!

 

どん底と希望を学んだ、素晴らしい書籍でした。

【中古】 ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く PHP新書1164/岡田斗司夫(著者) 【中古】afb

価格:300円
(2019/11/25 13:28時点)

↓合わせてこちらの記事もどうぞ↓
ブログカード

ブログカード