「現実逃避してたらボロボロになった話/永田カビ」愛を求めて三千里。苦労は続くよ、どこまでも<漫画レビュー>

こんばんは、妖子です。

時系列でいくと、「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」(→レビューはこちら)の後には、「一人交換日記」という作品が先に出版されていますが、発売日に本屋に寄ったこともあり、「現実逃避してたら~」を先に読むことになりました。

なので、作者がなぜ、酒浸りになったかの詳細を、知りません。

私の感想は的外れなところもあるかもしれませんが、ご容赦を。

でも、真実とは違った視点で読めるのも、また一興かと。

では、レビュー始めましょう。

☆基本情報☆
楽天koboで読む
タイトル:現実逃避してたらボロボロになった話
著者:永田カビ
ジャンル:エッセイ漫画
見どころ:リアルな自分を客観視する著者の奮闘する姿
刊行年:2019年

☆☆本日の目次☆☆

    1. 毒親離れの難しさ
    2. 自己分析をする能力の凄み
    3. 愛とは何ぞや

毒親離れの難しさ

まずは、コレです。

「さびしすぎて~」での毒親っぷりを見ていただけに、いまだ、実家で同居していることに驚き。

先にも述べたように、間に出版された作品を読んでいないので、真実は知りませんが、私の感覚で言うと、「信じられない」。

同居していることから、「愛を渇望する著者の心」が垣間見えるとも取れますが、「親に認めてもらいたい」という承認欲求も描かれていて、ジレンマがじわじわ伝わってきます。

加えて、タイトル通り、肉体の健康も損ない、親に助けてもらっているので、ジレンマは深まるばかり。ううーん、一難去って、また、一難。

自己分析をする能力の凄み

カビさんの、自己分析能力には、ひたすら脱帽。

その能力欲しいっす。

クライマックスでは、怒涛のような自己分析が描かれているのですが、あそこまで客観的に自分を捉えられる人って、そうそういないのでは。

壮絶な心の不調を体験した彼女だからこそ、得ることが出来た後天的な能力なのかもしれませんが、それにしても、羨ましい。

「自分が今どこにいるのか」を客観的に把握することは、生きることを楽にする一つの術だと感じます。

愛とは何ぞや

彼女の人生において、一貫したテーマは「愛」。

両親からの愛、人からの愛、自分自身への愛。

自分を愛することが、どういうことなのかを掴みかけた姿は、「さびしすぎて~」で拝ませて頂きましたが、まだまだ道半ば。

私自身は、自分を愛することに関しては、誰にも負けない自信がありますが、他人へ向けての愛は、いまだよくわかりません。なので、人から受ける愛がどういったものなのかも、わかっていません。

自分が誰かを愛さない限りは、本当の意味で誰からも愛されない、と考えていますが、果たして、カビさんは今後どのようなドラマを見せてくれるのでしょうか?

「愛とは何ぞや」。そんな問いを持つ人全員に読む価値のあるエッセイマンガ。

是非ご一読ください。

この本を刊行する勇気と労力に、敬意と感謝を。

hontoで読む

↓合わせてこちらの記事もどうぞ↓
ブログカード

ブログカード