「ずっと独身でいるつもり?」未婚も既婚もプレッシャーだらけ!キーワードは「自立」<漫画レビュー>

こんばんは、妖子です。

「結婚はまだなの?」

「2人目はまだなの?」

依然と存在するお節介すぎる質問には飽き飽きだ。

未婚でも、既婚でも、実は社会の風当たりは変わらないという事実。

「自立」してればなんでも良いじゃん。というサッパリしたテーマが気持ち良いです。

それでは、レビューいきます!

☆基本情報☆
楽天koboで読む
タイトル:ずっと独身でいるつもり?
原案:雨宮まり
漫画:おかざきまり
ジャンル:コラム→漫画 の社会問題ノンフィクション
見どころ:漫画はもちろん、巻末の数ページの対談も必見
刊行年:2015年

読み切り短編オムニバスで読みやすい

サクッと読めるのに、とても沁みる。

そう、やたら沁みる。

押しつけがましくなく、どこまでも自然体で、『こんな人生あっても良いじゃない』と語りかけてくる漫画のテイストに、非常に好感が持てます。

原案者、漫画家、どちらにも根強いファンがいると思いますが、私は恥ずかしながら、どちらの過去の作品も未見。

でも、人気の理由がわかりました。

読んでいて、すぅぅぅっと入って来る感じが心地良いんです。

「マタハラ」などという言葉が生まれてしまうくらい、結婚や出産に関して、お節介な人間が多くいる世の中ですが、そんな現状に波風立てることなく、それでもしっかりメッセージを発しています。

短編集ながら力強い作品です。

作者2人の対談も必読

各漫画も読みごたえバッチリですが、巻末に収録された、作者2人による数ページの対談も必読です。

どういう思いで、この作品を世に生み出したのかが語られており、いわば解説書のような役割も果たします。

クールに客観視されていて、脱帽です。まさに、「正義」という形容がぴったり。

刊行されてから4年。変わらない現状

結婚や出産に対する社会の在り方は変わったのでしょうか?

私の目には、そうはうつりません。

せめて人々の意識は変わったと期待したいですが、どうやらそれもなさそう。

私は結婚も出産も全く興味がないのですが、それでも、外から見ていて思うことはあります。

社会制度はもっと現実に寄り添うべきで、人間は無関心くらいがちょうど良いのになぁ、と。

他人の生活に立ち入り過ぎです。

誰が結婚しようか、しまいが、子供が出来ようが、出来まいが、あなたには関係ない。

もっと自分のことを心配して欲しいものです。

ホント、「余計なお世話」。

人間として、「自立」していること以上に必要なことって何でしょう。

妖子にはわかりません。

hontoで読む

★★

タイトル:
ジャンル:
見どころ:
ネタバレ:
刊行年: