ドラマレビュー「THE WALKING DEAD season1」~空前絶後なゾンビの連ドラ~

こんばんは。

今となっては知らない人はもはやいないであろう、ビッグネームと化した

ウォーキングデッドシーズン1のレビューをお届けします。

この作品からゾンビファンになったという方も少なくないと思います。

もともとゾンビファンの私でもとても楽しく見ています。

 

☆基本情報☆

タイトル:THE WALKING DEAD(twdと略される)

ジャンル:ホラー・サバイバル

見どころ:全6話で見やすい。このスケールを連ドラで実現させたスタッフの本気。

ブログ内でのネタバレ:若干あり。ネタバレ前に注記あります。

 

では、レビュー回顧スタート。

*******************************

ゾンビの連ドラ!!待ってたよ!!!

告知では、今までにないゾンビとか言っているけれど、

やっぱりゾンビはゾンビですね。

真新しい設定とかは何もないです。

ただ、尺を思い切り取れるだけあって、

その分楽しみが増すというもの。

長いからグダグダしているかというとそうでもなく、

テンポ良く進み、長い分人間ドラマも丁寧に描かれています。

そして、何と言ってもクオリティ!

内蔵食べるシーンとか、顔を吹っ飛ばすシーンは

特殊メイクなのですが、ぐろい!!!!!!!

すごい!!!!!

そしてゾンビの数!!ロメロもビックリだ!

TVシリーズでこれだけお金を使うのは、

勝機があったとしか思えない。

ただ、残虐極まりないし、子どもには見せられない。

FOXは平気でオンエアしていたけれど。

逆を言えばその分、「本気」ということです。

しょっぱなから主人公が女の子のゾンビの頭を打ちぬくんですよ。

本気です。

私はシーズン1一挙放送で見ました。

6話しかないので一気に見ることをオススメします。

ここから先、軽くネタバレ。

笑いどころは、ゾンビの血を塗りたくって

ゾンビの中を歩くところ。首からたらしている<モノ>はおしゃれ?笑

市内で遭遇したギャングは実はすごい良い奴で、

主人公たちを攻撃してきたのは、老人ホームを守るため!!

笑った!!!!

アフリカンアメリカンの親子は。

感染して、おいてけぼりを名乗り出た仲間は。

シーズン2以降でどうやって再会するかが楽しみ。

*******************************

今となっては、 シーズン8まで話が進み、ファン離れが加速化しているTWDですが、

初回のシーズンはいろいろな意味で衝撃でした。

ゾンビのお食事風景や殺戮シーンも躊躇なく大胆に描き、

こんなものを連続ドラマでやりきるアメリカに

政治であれ、文化であれ、総合的に日本は勝てるわけないと本気で思いました。

根拠はありません。でも、敗北感がありました。

 

名前は知っているけれど、まだ手をつけていないというあなた。

とりあえずシーズン1は6話です。ぜひ見てみてください。

ハマったらシーズン5あたりまでは楽しめます。