映画レビュー「妹の恋人」*ジョニー・Dがチャップリン*

2019年8月23日

こんにちは。

今日は映画レビューをお届けします。

*ネタバレはありません*

 

このレビューを書いたのは、2006年。・・・・2006年です。

12年前・・・・まだ私がジョニーの大ファンだった頃です。

繊細で風変りで、かつ、インテリな雰囲気に毎日はぁはぁしておりました(*´Д`)ハァハァ

それはもちろん性的な意味で(*´Д`)ハァハァ。まさしく青春ですね。

当時の感想文をそのまま載せるようにしましょう。

では、いざ。

 

*********************************
原題「BENNY&JOON」
心温まるほんわかストーリー。
全体的に静かな映画ですが
その中で兄・ベニー(アイダン・クィン)の
心の移り変わりがうまく
表現されているのではと思います。

もちろん他の主要キャスト二人
(J・デップ、メアリー・S・マスターソン)も
各々の個性を生かしつつ 良い味を出しています。

それらに加えてジョニーの
エンターテーナーぶりを満喫出来た
ということも有りジョニー好きには 5つ満点の作品でした。

アクション大好きですが たまにはこういうのも
悪くないですね★

*********************************

 

終わり。

 

知恵遅れの女の子と大道芸人を目指すジョニーが恋に落ちる。

主人公は女の子の兄貴で、兄貴で????

彼の成長を描いた作品だった??ような???

googleに頼らず、12年前の記憶をほじくり返した結果なので、

どうか信じないでください。

 

当時、やはりジョニー目当てで同作品を見た事だけは明確。

そして、チャップリンのように、軽やかにステップを踏むジョニーの演技を

今も鮮やかに脳内で再生することができます。

とても素朴で、純真な青年を好演。

チャップリンよろしく、トップハットにケーン(杖)姿。

路上の上で足を滑らせたと見せかけて、突然宙がえり。

本当に器用になんでもこなすなぁと感心したものです。

穏やかな気持ちで映画を見たい時にぴったりな一本です。

正直細かいところまで覚えていないのですが、また見ようとは思いません。

でも、ジョニーファンは一度は見ないといけません。

かわいい。とってもかわいい。

 

突然ですが、誰得!?私の中のジョニーデップが演じた”イケメン”キャラクターランキング

5、パイレーツ・オブ・カリビアン「ジャック・スパロウ」

 

 

4、Christian Dior 「SAUVAGEイメージキャラクター」←反則って言わないで。

 

 

3、ドンファン「ドンファン」

 

 

2、耳に残るは君の歌声「チェーザー」

 

 

そして映えある第一位!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、ショコラの「ルー」さんでした!!!!!

 

パイレーツで人気が出過ぎて(私から)遠いところに行ってしまったのですが、

最近のディオールモデルで(私の元へ)カムバックいたしました。

大人の色気爆発。未だに香水の発音は知らない。