日本で一番怖いホラー「隣人13号」<映画レビュー>

2019年9月9日

こんばんは、妖子です。

本日は今まで見た邦画の中で、ワースト3(つまりベスト3)に入る背筋が凍りまくるホラーレビューをお届けします。

2006年に初見なので、13年経ってもあの時の恐怖がよみがえります。

☆基本情報☆

隣人13号 ディレクターズ・カット [ 井上靖雄 ]

価格:3,313円
(2019/9/9 14:38時点)


タイトル:隣人13号
ジャンル:凶器系ホラー
見どころ:中村獅童、中村獅童、中村獅童
ブログ内でのネタバレ:なし(獅童のホラー画像添付はあり)
公開年:2005年


2006年初見時レビュー

獅童さん、あの役はあなたにしか出来ません。

あのクレイジー感がたまらなくすごい。小栗旬がW主演のはずなんだけど、獅童しか記憶に残らない。

イジメられッ子の十三(ジュウゾウ)。日々のイジメに耐え忍ぶうちに、凶暴で血も泪もない、もう一人の自分が生まれる。そいつが「13号」。そして、成人した「ヤツ」は昔のイジメッ子に真にバイオレンスな仕返しを決行する。

脳内描写がすごく詞的で(シャドウボクシングのシーンが今でも忘れられない)、グロもしっかり描かれており、人間の狂気性があぶり出される作品。幽霊よりもよほど怖いです。

2019年振り返って思うこと

中村獅童!!

器用な人だなぁと思ってたけれど、あの映画でイメージが全く変わってしまった。本当に「今、会いに行きます」の人ですか?

嘘でしょ?

演出やセットも恐怖感をあおる

 

人間の狂気性からくるグロ描写というのは、なかなかこたえるものがあります。ゾンビ映画のグロとは、性質が違うんです。

グロイというか、残酷。

人によっては直視できないと思います。

「やりすぎだろぉぉぉ~~~~」と叫ぶシーンは忘れられない。

幽霊は平気だけれど、グロテスクな描写がダメという方は閲覧注意。

その分、ハマる人にはドハマる。中毒性が高い作品でもありましょう。

youハマっちゃいなよ・・・あ”あ”あ”あ”・・・・

 



↓合わせてこちらの記事もどうぞ↓
ブログカード