大人にこそ見てほしい大人のための作品「リメンバー・ミー」<映画レビュー>

2019年9月11日

こんばんは、妖子です。

初めて劇場で観覧した2017年から2年も経ってしまいましたが、これはレビューせずにはいられない作品です。

ディズニー作品はマイナーなものも含めて結構な数を見ていますが、ベスト3に入る良作で、大人にこそ見てほしい美しい映画です。


☆基本情報☆

【ポイント10倍!9月11日(水)01:59まで】<BLU-R> リメンバー・ミー MovieNEX ブルーレイ DVDセット

価格:3,445円
(2019/9/11 10:46時点)

タイトル:リメンバー・ミー(原題:COCO)
ジャンル:アニメ(音楽・家族)
見どころ:色彩美、ほっこりストーリー
ブログ内でのネタバレ:なし
公開年:2017年

 

ナイトメア・ビフォア・クリスマスが好きなので、骸骨には反応してしまう性分。迷わず劇場に行ったのですが、結果的に劇場に見に行って良かったなと思ったのは、映像美と音楽。ラプンツェルのランタンのシーンを彷彿させる心暖まる暖色系の色彩と光がスクリーンいっぱいに広がり、ほぉーー♡となってしまいました。

音楽は、ディズニー映画とは切っても切り離せない重要な要素ですが、今作は特に素晴らしい!!!メキシコが舞台のため、音楽はラテン系、中にはスペイン語で歌われる楽曲もあり、とぉぉっても情熱的で情緒的。英語とは全く違う良さがあります。劇場だと音が良いので、心にも内臓にも響きます。

リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

価格:2,700円
(2019/9/11 10:49時点)

これは余談ですが、劇場に行くと映画を見ることしかやることがないので集中できて良いですよね。家で見ると「ながら見」になってしまうので、どうもよろしくない。

キャラクターも個性豊かで、飽きません。
個人的には動物の脇役が楽しみなのですが、今作もダンテという野良犬が良い味出してました。

キュートに変身する姿も素敵です。モデルは「Mexican hairless dog」というメキシコ原産の毛のない犬で、日本語では通称「ショロ犬」と呼ばれています。舌は出していないみたいですね笑。むしろ凛々しい。
dante

Mexican hairless dog

 

もちろんダンテだけがキャラクターではありません。出てくるキャラクターすべてに愛を感じます。個性的で魅力的です。ガイコツもゾロゾロ出てきますよ。

一個だけダメ出しをするなら、日本語版のリメンバーミー(歌の方)には納得いきません!!!

Coco



↓合わせてこちらの記事もどうぞ↓
ブログカード

ブログカード