保健体育

2019年11月30日

保健体育のページへようこそ!!ただのエロはこっちよ!

    1. 生理・月経カップはこちら
    2. 性病(性感染症)はこちら
    3. 性に関する書籍や映画のレビューはこちら
    4. その他、性に関するあれこれはこちら

sexy私は中学生の時から「日本はエロに対していつまで鎖国しているつもりなんだろうか」と不思議で、不思議で仕方ありませんでした。

 

エロや下ネタが下品で規制されるトピックではなく、セクシーな哲学として、私達に不可欠な要素として、それはそれはもう極当たり前に存在して欲しいのです。

 

日本がもっと性に対してオープンになるためには、教育的な側面と娯楽の側面のバランスが大事と考えます。

 

日本はAV大国です。AVへの情熱はものすごいものがあります。

 

でも、ほとんどの人はAVというファンタジーを現実だと捉えたまま大人になります。

 

一方で、生命に直結する性教育をしてくれる人はほとんどいません。

 

私達は1組の男女のカップルがセックスをして、生まれてきました。

 

その根本を否定するかのような、メチャクチャな規制を子供達にかける。

 

ダメダメ言うのではなく、

 

ただただR指定をかけるのではなく、

 

きちんと知識を与えて、

 

規制がかけられている理由を教えないと、

 

知識がないまま間違った経験だけが蓄積していき、

 

そのまま大人になって、教養のない人間になっていく。

 

 

性は私達の根本。同時に繊細。

 

いくら禁止したって、この情報社会では、徒労。

 

だからこそ、大胆不敵に取り組んでいかないといけない。

 

時にインテリジェントに、時に本能で。

 

実りある人生に、性の知識は欠かせない要素だと信じて。